在宅ワーク

テープ起こし 在宅 k7-1361688_12803

テープ起こしは昨今在宅ワークで誰にでもできる仕事として取り上げられています。
実際、仕事内容そのものはそこまで複雑な作業ではないため、それも あながち間違いとは言えません。
よくテープ起こしに向いてる人などで向いてる人などが紹介されていますが 、テープ起こしを稼ぐために必要な素質はたった三つです。その三つが備わっていないと残念ながらテープ起こし在宅で稼ぐのは困難です。

1.複数人数が喋ってる会話を聞いただけで話してる人の特定ができる。

これはテープ起こしを行う上で重要な素質の一つです。テレビなど芸能人と違い、テープ起こしで行う音声はほとんどが一般人で、似通った声質の人や同時に複数人数の人が喋るなどと言ったことが頻出します。その場合に誰がその言葉を喋ったのかを聞き分けられるかが大事です。

2.スケジュール管理

請け負った仕事を納期までにきちんと完成させるスケジュール管理。納期がいい加減な人は仕事を継続して行いたいと思われません。自分が一日に何時間テープ起こしすることができ、きちんと納期までに依頼を完成させるためのスケジュールを立てられることもテープ起こしを行う上で大事なことです。

3.タイピングスピードと正確性

在宅ワークを請け負った場合、そのほとんどが時給換算ではなく成果報酬です。一時間の案件に対して何円と言ったように報酬が振込まれることになります。つまり、音声を速く起こせば起こすほど高時給になっていくわけです。1時間6,000円の案件に二日かかってしまえば、日給3,000にしかなりません。自分が一分間に何文字タイピングすることができるか、それを知ることでその依頼がいくらになるのかを把握することが稼げるようになるコツです。
1時間の音声データで、大体2万文字程度喋ると言われています。
2万文字をタイピングするのにどれだけの時間がかかるか、ウェブサイトなどで試してみるのもいいかもしれません。

おすすめタイピングサイト⇒和タイピング

最近ではクラウドワークスの参入などでテープ起こしの敷居が下がり、価格もそれに伴い低価格になっているので、昔ほどテープ起こしが在宅で稼げる環境ではなくなってきました。それでも信頼を得て経験を培えば依頼をしてくる人も増えると思います。
自分でもできるかも、そう思った方は是非テープ起こし業界にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。